無垢材について

  • お問合せ
  • お見積もり
  • お問合せ
  • サンプル請求
  • お電話:075-200-3428(8:00~18:00 受付)/ファックス:075-462-7481

トラブル対処法

汚れ

●タバコの焦げ
ウレタン塗装品は工場塗装品の為、現場で施主様が補修することはできませんので、フローリング補修専門業者の補修を依頼してください。
自然塗装品で焦げが比較的浅い場合は市販のサンドペーパーで表面を削り、同じ自然塗料を塗って目立ちにくくすることも可能です。

●醤油やワインなど水分のしみ
出来るだけ早くふき取り、水分を含んだ無垢フローリングを早く乾燥させてください。しみには、無垢フローリング自然塗装品の場合は、「プラネットジャパン」のアルコールでふき取ると染みが薄くなる場合があります。それでも染みが残る場合は「プラネットジャパン」のオレンジオイルでふき取ることをお奨めします。汚れが取れたら、仕上げの自然塗料、例えば「ラッペンワックス」「ハードクリアオイル」等を塗ってふき取り仕上げをすると水や汚れを防いでくれます。

●ペットのおしっこ
無垢フローリングにアンモニアが浸み込むと変色する可能性があります。
出来るだけ早くふき取り、「プラネットジャパン」のアルコールで表面をきれいにしてください。無垢フローリングの深部まで浸み込むと染みが取れなくなります。

PAGE TOP

へこみ・ささくれ

●家具などのへこみ
重い家具などを置く場合は脚にクッション性のある保護材を敷いてください。
局所的に凹んだ場合は、絞ったタオルを敷いてスチームアイロンで押し付けてください。短時間で様子も見ながら何回も繰り返すと膨らんできます。その後、表面が乾いたらサンドペーパーで表面を磨き、自然塗料を塗ると目立ちにくくなります。

●ささくれ
軽微なものでしたら市販のサンドペーパーで表面を削り、同じ自然塗料を塗って目立ちにくくすることも可能です。明らかに割れてしまったら、木工ボンドをつけて押えて固める方法もあります。

PAGE TOP

カビ

まずフローリングを傷めない方法の「プラネットジャパン」のアルコールで表面をきれいにしてください。
それでも染みが残る場合は「プラネットジャパン」のオレンジオイルでふき取ることをお奨めします。

PAGE TOP